メインコンテンツに移動

三好

2020/11/25
米がうまい。鰻重の基本は米にあり。
東京・日本橋

「炭と、かまどで米を炊く」がこのお店のこだわり。

伊豆松崎の本店から引き継いだ70年間切らす事無く継ぎ足して使っているタレが秘伝とか。こだわりの強いお店だ。期待感が高まる。

お店に入ると、お昼でありながらほどよく薄暗く、飾らない落ち着きがある。カウンターとテーブル席に加えて、小上がりがある。老舗居酒屋のようなたたずまいが心地よい。

鰻を注文すると、肝焼きがお薦めとの言葉をもらったので、ビールと肝焼きを食べながら鰻待ち。この待ち時間がたまらない。30分ほどで鰻登場。

さて、お味は。

さすがにお米にこだわるだけのことはあって、米は1粒1粒がパラパラとしっかりしている。それに合わせるようにタレ味は薄め。ゆえにご飯をおいしく味わえる。個人的にはもう少しコッテリ味と合わせたいが、バランスを考えればこれでよしとしよう。

おいしいうな重は必ずお米1粒1粒のバラけ具合、温度へも気遣いがされている。そのお手本のようなお店。

是非ご賞味を。

-----
★★★☆☆ おいしいお店!        
粋:鰻の前にお酒を一杯
 

2018/07/13

近隣のおすすめスポット

甘酒横丁

甘酒横丁鯛焼き、人形焼き、かき氷、ソフトクリーム。がんもに厚揚げ、今半のすき焼きコロッケ。
甘酒は好きでなくても十分楽しめる通り。