メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(浜松町・田町・品川エリア)

名古屋から来た一本鰻

うなぎ四代目菊川 ムスブ田町店浜松町・田町・品川

見た目のインパクトも抜群な一本鰻。見た目だけでなくてお味もいい。
鰻のサイズに合わせた信楽焼の器も圧巻。

名古屋の鰻屋が今年9月に田町へやってきた。名古屋のお店は気になっていたものの、行ったことがなかったので田町のお店へ行ってみることに。本拠地の味を先に味わいたいのだけれども、鰻欲には勝てず。。

お店は綺麗で明るく、調理場が見えるライブキッチン。カウンターに座ると目の前が焼き場なので、お酒を飲みなながら職人が鰻を焼くところを間近で見られる。

この日の注文は、一本重(4980円)とうざく、お酒は写楽をグラスで。
最初はきも焼きを注文したのだが、きも焼きは提供タイミングがお重と同じになってしまうとのことで、うざくへ変更。お店の若いお姉さんが注文時にお酒を呑みながら待つのであればと教えてくれた。とても気がきく、よくわかっていらっしゃる。

しかもこのうざくが大当たり。

関東のうざくとは違って地焼き鰻を使っているのでパリッとしていて香ばしい。思わず笑みがこぼれる。うざくは地焼に限る。是非食べていただきたい逸品だ。さらには派手な風味の写楽とは力強い同士でいい組み合わせ。

そしてお酒を呑みながらガラス越しに焼き場を眺めていると、自分の鰻が焼かれているのがわかる。腹開きの地焼き。職人さんが炭の位置を動かして火の強さを変えながら、うちわで仰ぐ。そしてご飯の上に乗せられてお重の完成、あれが運ばれてくるに違いない。

そう、まさに。真打登場。

小ぶりのお茶碗も一緒に出される。一本鰻を少しづつお茶碗へ入れて食べるようだ。
口の中へ入れるとパリッとしててフワッともしてて、名古屋的な濃いめの味。ご飯はふっくらしているが名古屋鰻にはこれくらいのもっちり感のあるご飯が合う。

見た目よし、味よし、そして人もよし。
いいお店だ。

-----
★★★★☆ 名店!また行く!!
創:個性的な輝き

2020/10/18

近隣のおすすめスポット

msb Tamachi(ムスブ田町)

ビルの中にあるが横丁的なノリの酒場が並ぶ。お昼から呑むにもよさそうなお店たち。鰻で満腹でなければふらっと立ち寄って一杯やっている。

ムスブ田町

王者の貫禄

五代目 野田岩 浜松町・田町・品川

どの世界にも別格というものがある。
ここ「野田岩」は、江戸時代から続く伝統を持ちながらも、その上にあぐらをかくのではなく、常に時代に合わせて変化をし続ける。ゆえに品格がある。

大将の金本兼次郎さんは、まさに江戸の職人で「現代の名工」にも選ばれるほどの人物。NHKのプロフェッショナルにも登場していて、名言のオンパレードなので是非とも観て欲しい神回。このような職人さんがいるのが、鰻屋の最高の魅力だ。

ここの鰻は美しい。焼きが職人技なので焼き色を見てまずは楽しめる。見た目でお酒が呑めると言っても過言ではない。
そして口の中に入れると、表面の焼きが舌の上ではじける。中はふんわり、脂の旨みが口の中にひろがる。まさに職人技。
時期によっては天然鰻もあるので、ぜひとも味わってもらいたい。

語り尽くせぬ鰻屋。

 

(2018/11/30 来訪)
景気づけに天然鰻を食べようと野田岩へ。天然鰻の有無を聞いてみると、用意ができるという。ラッキー♪ 天然鰻のお重と、先付3種とお酒を注文。さて、天然鰻はいくらなのだろうか(笑)。何年か前には良心的なお値段だったと記憶しているのでなんとかなるだろう。景気づけなのだから少し粋がってみる。

焼かれる間はお酒で待つ。先付3種は"お浸し"、"鰻の燻製"、"煮凝り"。お酒は菊正宗の生酛 純米大吟醸生。どれもお酒との相性はばっちり。燻製はスモーキーな風味がゆっくりと出てくるし、煮凝りはその甘さで頬が落ちそうになるが、生酛の菊正宗がしっかりと支えてくれる。

そして25分ほどで小ぶりな鰻がいかだで登場。岡山の鰻とのことだ。焼き色が綺麗なのはさすが。少し早めの登場は小ぶりだったせいだろう。
さて、お味は。

脂じゃない旨さ。身のうまさ。贅沢だ。
そして大発見は肝吸い。天然鰻は肝がうまい。コクがあって酒と合う。これからは天然鰻の肝を食べ歩きたいほどだ。

これは至福。さあ、お会計はいくらだろうか。



-----
★★★★★ 最高峰の味!!        
閑:大人の空間

2018/12/09

近隣のおすすめスポット

増上寺

言わずもがなの増上寺。江戸時代から続く鰻を食べて、うちわを片手に江戸のお寺を巡る。風流な散歩をぜひ。

老舗うなぎ問屋は鰻食堂

うなぎ本丸浜松町・田町・品川

老舗うなぎ問屋「ての字」の直営店が「うなぎ本丸」だ。
創業文政十年(1827年)、この「ての字」の由来は、落語でもお馴染みの名前の頭文字をとって「○○字」「××字」と呼び合う風習から来ているらしい。江戸ならではの名前だ。

鰻問屋ゆえに、1階は鰻の加工の場所、食事処は2階になる。 2階に上がってびっくり、「あれ、ここ鰻屋?」。 席に着く前に、レジで鰻を注文して番号の書かれたプラスチックの札を渡される。老舗の鰻屋らしからぬ、食堂システム。 まさかの鰻食堂。

鰻は10分ほどで登場。
お味のほどは、 肉厚がある鰻でプリっとしていてタレは甘め。 雰囲気に押されて鰻品位は感じられず。。。

鰻屋は雰囲気も大切だ。


-----
★☆☆☆☆ お勧めはできないお店
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/05/08

近隣のおすすめスポット

愛宕神社

愛宕神社オフィス街にして都心屈指の眺め、愛宕神社。江戸の当時はここが随一の高台だったとか。 急な石段は「出世の石段」と呼ばれていてて、のぼるのも一苦労。もう足がガクガク。