メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(和光・新座・志木・川越エリア)

川越にある関東最高峰の鰻屋

小川菊(おがぎく)和光・新座・志木・川越

(2017/9/8 再訪問)
1回目の味が幻ではないことを確認するために、再訪。妄想の中で美化されていたら怖い。そのために最高峰の味を再び体験旅。

あいかわらずの行列。暑さの中はこたえる。しかし、それに負けるわけにはいかない。待つこと2時間。

やっぱりたまらなくおいしい。
これは現実だ。

ここのお店ならば並べます。

--------------------------------------------------
(初回訪問 2014/9/27)

「どこの鰻屋が1番おしいいですか?」と聞かれることがよくある。1つに絞るのは難しくて回答に窮するのだが、たいていは「川越の小川菊(おがぎく)」と答える。ここ小川菊は関東最高峰の鰻屋といえる。

小江戸と呼ばれる川越には、風情のある鰻屋がいくつもある。そんな鰻の街、川越の中で1807年創業江戸の時代から続く老舗がここ小川菊だ。お店のつくりも古い家屋であり、たたずまいからして貫禄がある。ただ、残念なのはお客さんが多くて行列必至なのだ。でも並ぶ価値はある。

お店は1階のテーブル席と靴を脱いであがる2階席だ。混んでるとはいえ、作りおきの鰻ではなく、注文ごとに時間をかけて焼いてくれる。それが好きだ。

さて、お味は。

行列ならびも納得の味。しっかりとしてコッテリ濃いめの味。我を忘れて黙々と鰻を食べることに夢中になる。米の具合、温度、脂のノリ方、焼き具合、すばらしい。それがが小川菊(おがぎく)だ。

ちなみに、Facebookのページも開設していて川越の伝統話の読み物を配信してくれている。それもまた伝統のあるお店らしい。

いざ川越。いざ小川菊。


-----
★★★★★ 最高峰の味!!        
粋:鰻の前にお酒を一杯

2018/07/13

近隣のおすすめスポット

小江戸蔵里

明治8年(1875年)に創業した旧鏡山酒造の建築物を改修した施設。川越市の物産等が置かれている。にぎやかに屋台が出ている時もある。
2018年3月には新たに「ききざけ処」が誕生。まだ未訪問だが、埼玉のお酒が勢ぞろいとか。

江戸から続く川越の老舗

川越 いちのや 和光・新座・志木・川越

「いちのや」。神泉、西麻布にも店を構える鰻屋の本店。創業は天保3年(1832年)の老舗。神泉、西麻布のお店は何度も行っていて、特に神泉のいちのやはお気に入りなので、本店の味を確かめたくて川越探訪。

いちのやは、白焼きをせずに生のまま蒸してから秘伝のたれをつけて焼くという独特の製法で、フワッフワ、トロトロな鰻が食べられる。これが大好きなのだが、江戸時代からここ川越でそれをやっていたかと思うと趣がある。しかしながら、訪問したのはシルバーウィークゆえに長蛇の列。行列は嫌いだ。とはいえ、本店の味を確かめに来ているのだから、引き返すわけにはいかない。じっくりと待つ。

200席ほどはあるのではないか、大きい。西麻布が個室を重視し、神泉が割烹風であるのに対して、大箱だ。そんな中で1時間半ほどの待ち。待ち人があふれている。

やっとの思いで席に着き、鰻重を注文をすると10分ほどで鰻登場。おやおや、西麻布店・神泉店は40分ほど待つが、さすがにこの人数をさばくには、常に焼き続けて回転させているわけか。拍子抜けではあるが、いたしかたないのだろう。さらには、いちのやのよさの鰻のふんわり感が、そこまででは無い。。。。。

観光地鰻になってしまっているではないか。

神泉、西麻布店をお薦めする。


-----
★☆☆☆☆ お勧めはできないお店        
楽:仲間でわいわい鰻

2018/07/09

近隣のおすすめスポット

和芳庵

小江戸と言われる川越は街歩きをしてなんぼのもの。となると、必ずほしくなる休憩とお茶。 ここの2階席で、観光客を動きを眺めながらお茶をいただくとほっとしして、復活。ぜひ。