メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(赤坂・永田町・溜池エリア)

ちょっと残念、次に期待の銘店

赤坂ふきぬき 赤坂・永田町・溜池

漢字では「富貴貫」と書くらしい。気品のある店名だ。創業は大正12年の老舗。しかしながら少し残念な体験をした。ご飯が冷めて硬くなっておりまする。

お店は赤坂TBSと日枝神社の中間に位置する。店内はきれいで明るくて、和琴のBGMが優雅な雰囲気が漂う。

ランチタイムの終わり時、13時半に入店。ランチ鰻ではなく、鰻重の竹(3600円)を注文。「さあ、どんな鰻だろうか?」と思いを巡らせていると5分ほどで鰻登場。早っ。
さてお味は。

残念ながらご飯が冷めて硬くなっている。ランチに準備したご飯の残りだろうか。これではせっかくの鰻が台無しだ。。。鰻がかわいそう。
悲しい気分ながら鰻を食べ終える。
食べ終えてお重の蓋を閉じると即座にお膳が下げられる。爪楊枝を使う時間くらいはもらいたいなぁ。まだ閉店時間でもあるまいし。

余韻に浸ることなく、そそくさと退店。そんな日もあるさ。
次に来た時はあたたかいご飯だといいな。


--
★☆☆☆☆ お勧めはできないお店        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/12/07

近隣のおすすめスポット

日枝神社

日枝神社 エスカレーター日枝神社

江戸城の鎮守はさすがの風格。しかしながら、神社まではエスカレーターで上がる合理的なつくり。エレベーターは雨にさらされていても大丈夫なのが気になってしょうがない。故障したり、寿命が縮まったりするのだろうか。。。

一期一会を大切に

秋本赤坂・永田町・溜池

ミシュラン鰻。「ミシュランガイド東京・横浜・湘南2014」にて、4年連続で一つ星を獲得の秋本。創業100年を超える老舗で、数寄屋造り、品位がある。清潔感もあり、海外からのお客さんも入りやすそうだ。

ミシュランの基準が鰻の世界に当てはめられるかはいかがわしいが、鰻の地位向上にはなるのであろうか。ただ、鰻には庶民的な要素も合わせもっていて欲しい。

さて。

悪い空気というのはある。
店員さんに注文を間違えれて作り直し。相当に待たされる。手際悪い空気が支配していたし、フォローもされていないし、やっぱりミスが起きたか、と。テンション下がる。

お味は、とてもサッパリで、品のある味。焼き目も美しい。

一期一会を大切にしたいものだ。茶道だけでなく鰻道の心得でもある。


-----
★★☆☆☆ まずまずのお店        
閑:大人の空間

2018/07/09

近隣のおすすめスポット

日本カメラ博物館

カメラって不思議。なぜ?なぜ?が多い。自然の空間を科学の力で屈折させられる。
カメラは時をも止められる。