メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(池袋~高田馬場・早稲田エリア)

関東屈指の関西風鰻

愛川池袋~高田馬場・早稲田

JR高田馬場駅から歩いて10分ほど、関東風と関西風を選べる鰻屋がある。「愛川」だ。ここの関西風はうまい。

店の構えはお世辞にも立派な鰻屋とは言えない。店内もテーブルが3席と小上がり2卓、ゆったりと落ち着く店内とも言えない。でも、ここの関西風鰻はうまい。カリカリでこんがりとまではいかないが、しっかりと焼かれていて、鰻の旨味が閉じ込められている。

お店は、街の鰻屋さんのようなたたずまいだが、関東屈指の関西風鰻だろう。思わず笑みがこぼれる。

ぜひ一度ご賞味を。

 

(20119/6/15 再訪)
代替わりをしたらしいが、あいかわらずの繁盛店だ。焼き時間は40分ほどかかるのだが、お客の入れ替わりが早い。
この日の肴は白焼きの山かけ。山葵を効かせて、軽く醤油を付けていただく。酒は菊正宗の純米樽酒。想像と違って1合の瓶詰、でも木の香りがするから不思議だ。

と、今回も関西風の地焼を楽しむ。次は関東風にしてみよう。

-----
★★★★☆ 名店!また行く!!        
創:個性的な輝き

2019/06/22

近隣のおすすめスポット

おとめ山公園

将軍家の鷹狩や猪狩などの狩猟場らしいが、狩りをした猪を将軍は食していたのか。当時、鹿、猪は薬膳料理として食されることはあっても、将軍家は肉を食べていなかったと聞く。もっと調べてみなければ。