メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(目黒・白金・五反田エリア)

2019年4月開店の新しい鰻屋

うなぎ割烹 白金台 まつ本目黒・白金・五反田

鰻の値段が高騰して閉店する鰻屋が多い中、新たにオープンする鰻屋もある。逆境の時期に旗揚げをするお店を是非とも応援したい。2019年4月8日オープンのうなぎ割烹 白金台 松本。場所は白金台プラチナ通りから10mほど中に入ったところ。

お店は、半地下でテーブル3卓、小上がり2卓、カウンター3席と、こじんまりとしている。新しいお店だけあって、テーブル、椅子、カウンターも新品で綺麗。これから年季を重ねていくお店だ。
お昼のメニューはシンプルに鰻重のみで、共水鰻も取り扱う。今回は鰻重の特(3800円)を注文、お酒は花巴正宗の純米酒、肴は前菜セット(600円)。

まずは、お酒が冷やで登場。初めて呑むお酒をまずは一口。ねっとり芳醇、ずっしりと深い味がする。なかなかのハードパンチャーだ。それから丁寧に盛り付けされた前菜セット。これで鰻重を待つ。至福。

20分ほどで鰻重の登場。大きめの重箱へご飯が浅めに敷き詰められ、鰻が1尾。
蒸しが強めの柔らかい鰻だ。ご飯も柔らかい。ご飯はここまで柔らかくなくてもいいと思うが、ご飯と鰻の一体感がここのお店の特徴なのだろう。

開店1か月、これからどんどん活性化していってもらいたい。


---
★★☆☆☆ まずまずのお店    
粋:鰻の前にお酒を一杯

2019/05/19

近隣のおすすめスポット

プラチナ ドン・キホーテ

白金台のドンキはプラチナ。品位のあるドンキ。

プラチナドンキ

狭い! それが癖になりそうな鰻屋

うなぎ鮒一目黒・白金・五反田

笑ってしまうくらいに狭い。3つのテーブルが所狭しと並ぶ。満席だったら息が詰まりそうだ。しかしながら女将が温かいから穏やかになれる。

目黒の駅から西へ向かって歩くこと5分。2つの道路が交わる三角コーナーに細い4階建ての鰻屋ビルがある。入口を見れば狭いことはわかるが、一歩踏み入れれば小奇麗で親密感が持てる。

1階はお持ち帰り販売、2階が飲食。細い階段を上がると2人掛けのテーブルが2つと4人掛けテーブルが1つ。思わず笑みがこぼれる狭さ。そこで女将が天気の話をしながら温かく注文を聞いてくれる。鰻重の竹(3300円)を注文。「ちょっと待っててね」と女将は下へ降りていく。狭い空間でひとり静かに鰻を待つ。

料理運びは配膳用エレベーターで行うようだ。待つこと10分ほど、エレベーターから機械音声が流れる「トウチャク シマシタ」。それから女将が階段を上がってくる。なんとも不思議な鰻待ちの期待感。
さてお味は。

少々小骨を感じるが、年季の入った柔らかさ、少々甘めのやさしい味がする。小骨が喉に刺さった。そんな時はご飯をしっかりと飲みこむ。小さなころに親父にそう言われたことを思い出す。懐かしい味だ。

小骨も取れた。食べ終わるころには、この狭さが心地よくなってくるお店。


-----
★★☆☆☆ まずまずのお店        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/11/25

浜松からやってきた名店

藤田目黒・白金・五反田

新しいお店でもおいしい鰻屋はある。その代表格が、白金台の「藤田」だ。

本店は浜松のお店で、2016年の3月に東京白金台へ出店。セレブの街に新星の登場。浜松の鰻は、関東風と関西風が入り乱れる境界エリアなのだが、ここは関東風。それもこだわりのある関東風だ。

ビルの2階にあるお店は、ガラス張りで明るく、外も眺められる。食を楽しむことができる。店員さんも和服姿で気品があり、食の空間を楽しめるお店になっている。

15分ほどで鰻登場。思ったよりも早い。さて、お味は。

よく焼かれているので表面はカリっとしつつも、中はフワッとトロトロ。職人の技だ。タレはやや辛めで濃い味、これが50余年の間、継ぎ足されてきた秘伝の味か。重みがある。お米も1粒1粒しかりしていてベストマッチ。雰囲気だけでなく、職人気質のこだわりが伝わってくる鰻屋だ。

ここへは通うことになるだろう。

まだ不慣れな店員さんがいるので、温かく見守りたい。


-----
★★★★★ 最高峰の味!!        
楽:仲間でわいわい鰻

2018/07/11

近隣のおすすめスポット

国立科学博物館附属自然教育園

国立科学博物館附属自然教育園都会の中にこんもりとした森がある。1周をまわるのに1時間くらいで。水辺もあり、晴れた日には恰好な散歩道。都会にいることを忘れさせてくれる。

ただし、夏場は蚊に注意。

ダブルチーズバーガーだ

よね山目黒・白金・五反田

「これはやりすぎだろう」と笑みがこぼれる。ダブルチーズバーガーならず、ダブル鰻重と呼びたい。

通常料金の鰻重を頼んでいるのだが、出てきたのは鰻が重なって4枚乗りのお重。これだけ鰻が乗っていると、某チェーン店のような鰻かと思いきや、そうではなく、きちんと職人さんが調理した鰻だ。

満足いくまで鰻が食べられる。

人に教えなくない鰻屋だ。


-----
★★★★☆ 名店!また行く!!        
創:個性的な輝き
 

2018/07/10

近隣のおすすめスポット

TOC

TOCは東京卸売りセンターの頭文字。そのネーミング発想が飛んでいる。
雑多なものが安く手に入る。