メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(両国・錦糸町・小岩エリア)

ここは何屋だ?でも名店なのは間違いない

八べえ両国・錦糸町・小岩

鰻屋としては邪道じゃないかな~~。でもまた行きたくなるお店だし、鰻の味は本格派だ。

亀戸天神の目の前にある鰻屋。店の前には手作りの写真メニュー看板や、鮮やかな"のぼり"が何本も立ち、賑やかな鰻屋なのがわかる。少なくとも高級感のある鰻屋ではない。
お店の中はカウンター4席とお座敷。この日はお座敷に通してもらう。土曜日の12時前、比較的空いていて落ち着いて食べられそうだ。

メディアでも取り上げられることが多いお店で、変わりメニューがいくつかある。「うなぎラーメン」「うなぎまぜそば」が話題にもなったりする。その他にもメニュー豊富で、呑みの肴にはぴったりの刺身が豊富、鰍やどじょうの唐揚、モツ焼きなどもあり、中には、だちょう、ワニ、カンガルー、ラクダの肉料理もある。
「いったいここは何屋だ?」とはなるが、あくまでもメインは鰻。この日は鰻を楽しむ。
着席早々に鰻重の特々上(3100円)を注文。そして鰻を待つ間にと「鰻の酒盗」と「墨廼江(すみのえ)のひやおろし」をお願いする。

”鰻の酒盗”とは珍しい、初めての出会い。自家製の肝の塩辛になるが、女将さんが「ウズラの黄身を乗せてマイルドにできますよ」と丁寧に教えてくれるものの、お酒と合わすためにそのままのものを注文をする。そして、お酒と酒盗の登場。お通しにはアジの唐揚が付く。揚げたてだ。これもうれしい。

キレのいいスッキリ辛口のお酒の味を確かめてから、酒盗をつまむ。うーんまさに酒が呑みたくなるうまさ。しょっぱいのは当然なのだが、まさに酒を盗む味。そしてお酒をからめる。まさに至福なお昼。

そして15分ほどで真打登場。さてお味は。

甘さの強い鰻重だ。甘みのきいたタレにパラパラのご飯。メニューが豊富過ぎるので、鰻の味を疑っていたが、本格的な鰻重だ。呑みメニューが豊富な鰻屋らしく、呑んだ後に食べる鰻重としてはぴったりの甘さだろう。

興味を惹かれるメニューばかりの「八べえ」。次は何を肴にしようか、と考えるのが楽しい。


---
★★★★☆ 名店!また行く!!
粋:鰻の前にお酒を一杯

2019/02/21

近隣のおすすめスポット

亀戸天神社


訪問したのは2月の梅シーズン。きれいに梅が咲き並ぶ。スカイツリーの眺める銘スポットでもあるので、梅と鳥居とスカイツリー。絵になるスポットだ。

亀戸天神

店名とはギャップがあるお店

鰻禅両国・錦糸町・小岩

名前がいい。「鰻禅」。わびとさびがにじみ出て、穏やかな落ち着きを連想させる。評判もとてもよく、「関東一だ」という意見も聞く。行く前から期待値いっぱいだ。

お店へ入ると、店名とは裏腹に庶民的でノスタルジック。カウンターへ腰を下ろす。カウンター6席、テーブル2席の手狭なお店だ。(座敷もあるあらしい。)
メニューはシンプル。うな重の特上を注文すると、15分ほどで鰻登場。

さて、お味は。

うまい。確かにうまい。ただ、前評判で期待値ハードルがあがっていたため、そこまでの感動はなく。。。。
いかにも関東風らしいうな重で、フワトロ系。フワトロ系といえば尾花を思い浮かべるが、そこまで極端ではなく、ほどよい関東鰻だ。

先入観は持たずに行こうと戒めの日。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/11

近隣のおすすめスポット

浅草 | 東京都観光汽船

鰻を食べてから隅田川を下り浜離宮へ。江戸を感じられる小旅行コース。