メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(千住・綾瀬・葛飾エリア)

蒲焼は焼き魚の一種

魚政千住・綾瀬・葛飾

東京は四ツ木。都心からやや外れた地に魚政はある。「魚政以外にこの街は何があるのだろう?」と思わせるところだ。
坂東太郎を使用した鰻専門店。お店のつくりは街の鰻屋さんといえる普通の飲食店、むしろ町の食堂と言ってもよいくらいだ。

鰻が出てくるまで待ち時間があるので、ビールを一杯。肴は”鰻ボーン”こと骨せんべいと肝、それと、ごぼうの醤油漬け。肝は茹でているのだろうか、さっぱりとしていておいしい。醤油漬けは甘味の効いたうまみに頬が落ちそうになる。この待ち時間が鰻屋の醍醐味だ。至福の時間。

さてさて40分ほどで鰻登場。お味は。

「そういえば、鰻の蒲焼は焼き魚だった」。初めて意識させられた味覚。これまで鰻重を食べていて、鰻を焼き魚と感じたことはない。でも、蒲焼は焼き魚の一種なのだと、ここ魚政で初めて感じた。肉厚がしっかりしていて、ホックリとした白身で表面はよく焼けている。おもしろい。

これは好みが分かれるだろう。是非ご賞味を。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!        
創:個性的な輝き

2018/07/11

トロトロ鰻の超有名店

尾花千住・綾瀬・葛飾

「東の尾花、西の野田岩」と言われるほどの名店。明治初期に創業の鰻屋、フワトロ鰻の最高峰だ。

南千住駅から線路沿いを歩いて5分ほど、大きく「うなぎ 尾花」と毛筆でかかれた暖簾が目印。
訪問した日がGWだったために行列。

待つこと1時間、ゆっくりと腰を落ち着けてビールで鰻待ち。

お味のほどは。

肉厚のある身が、フワッフワでトロトロ。ちょっと甘め。さすがだ。野田岩とは対照的。

この違い、ぜひとも味比べを。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!
楽:仲間でわいわい鰻

2018/07/01

近隣のおすすめスポット

荒川ふるさと文化館

下町になるこのあたりの昭和の雰囲気を凝縮。