メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(渋谷・恵比寿・代官山エリア)

本格的な地焼きのお店で見事なこぼれ鰻

鰻ト酒 鶴亀 恵比寿店渋谷・恵比寿・代官山

8月31日、夏の切れ目はノスタルジック、鰻を食べて残暑を乗り切る。

恵比寿の「鶴亀」へ。今年の7月に食堂から鰻専門店へ鞍替えをしたらしく、お店は新しくて綺麗だ。お店へ入ると大将が「いらっしゃい!!」と活きがいい。そしてカウンターに座る。

ここは本格的な地焼きの鰻屋だ。東京には蒸してから焼く関東風と蒸さずに焼く地焼きを選べる店はあるが、鶴亀に選択肢は無い。すべてが地焼きだ。夜のメニューは各種鰻料理とお酒が揃っているようだが、お昼は、鰻重、鰻丼、鰻とろろ丼、鰻玉丼とシンプル。鰻丼の一本乗せ(上 3800円)を注文。大きな鰻が1匹の丼だ。

すると、すぐさま目の前で生きた鰻を取り出してカーっとさばいてくれる。鉄串に刺した後は蒸し過程は無しですぐに火にかける。そしてタレにつけてまた焼く。そしてまたタレにつける。
鰻丼ができるまでの流れが目の前で見られる。というか見せてくれる。まさにライブ「ザッツ ウナギ  エンターテインメント」。殺生の目の前にして食べることへの感謝と敬意。

25分ほどで、丼から鰻がはみ出る見事なこぼれ鰻登場。しかも添えられているのは自家製の生山椒とのこと。これは変わり種だ。

さてお味は?。肉厚と弾力。やや甘めの濃いタレは名古屋味。生山椒は焼酎が欲しくなるようなピリピリ感。丼をガッつく。やっぱり地焼きは丼にかぎる。

これならば、鰻とろろ丼、鰻玉丼(いずれも1本乗せ)も食べてみたい。
恵比寿におもしろい鰻屋が現れた。


-----
★★★★☆ 名店!また行く!!
創:個性的な輝き

2019/09/01

齋藤茂吉が贔屓にしていた渋谷の鰻屋

花菱渋谷・恵比寿・代官山

渋谷の道玄坂にある創業90年の老舗花菱。若者の街、渋谷の道玄坂にありながら、長い年月を重ねたお店で、斎藤茂吉が贔屓にしていたことからもそれがわかる。斎藤茂吉が鰻好きだったことは有名で、『茂吉日記』から鰻の蒲焼を食べた回数を数えると902回とのこと。驚愕。早くその領域へたどり着けるように精進したく思う。

お店のつくりは、1階が入口で地下にテーブル席が6席ほどと座敷。壁には斎藤茂吉記念館のポスターが貼ってあり、「ああ、茂吉に追いつければ」と思いをはせる。鰻の待ち時間は40分ほどとのことで、1杯やりながらの鰻待ち。この待ち時間がたまらなく好きだ。

さて、お味は。

鰻がとろけるように柔らかい。脂のノリもいい。タレはやさしい味で、ご飯の硬さもいい。つまりバランスがいい。
これが茂吉が愛した味かと納得。

帰り際、共水うなぎのウチワをいただく。うちわを見て、また鰻が食べたくなる。

(2018/6/23に再来訪)


-----
★★★☆☆ おいしいお店!        
粋:鰻の前にお酒を一杯

2018/07/16

近隣のおすすめスポット

コスモプラネタリウム渋谷

小学生のころ、プラネタリウムへ何度も通った。今でも都心を離れて夜空を見上げると、多くの星座を見分けることができる、隠れた自慢。 大人になってからのプラネタリウムは、好奇心よりもリラックスさを満たしてくれる。

鰻アミューズメント

瓢六亭 南平台 渋谷・恵比寿・代官山

鰻レストランと呼べるお店、瓢六亭。瓢六亭は地焼を中心にお酒に合わせた飲み屋風のお店で、お重だけでなく、各種串焼や鰻ハム、たたきに西京焼き、九州のせいろ鰻もあり、バラエティに富んだ鰻メニューで好奇心をくすぐりまくる。都内には3店舗展開している。鰻アミューズメント施設と言っても過言ではない。

お店の造りは木造のゴツゴツした柱や木の趣あるテーブルなど、和テイスト満載でしっぽりと落ち着ける雰囲気。この日はランチなので、シンプルにうな重を注文。15分ほどで鰻登場。

さて、お味は。

ご飯が熱過ぎる。口に入れると味わうどころではない。あーぁぁ、残念。。。地焼鰻なのだが、熱々ご飯に蒸らされてカリっとした食感ではなく、ホクホクとした鰻。ご飯への気遣いが欲しかった。

今度は夜に来て、呑みながら鰻三昧としよう。

-----
★★☆☆☆ まずまずのお店        
創:個性的な輝き
 

2018/07/12

近隣のおすすめスポット

T-SITE TSUTAYA

お洒落なTSUTAYAのフラグシップ店。リラックスしてのんびりと。

渋谷で小旅行気分

大和田渋谷・恵比寿・代官山

過去に満員で入れなかったことが2回ある。この日はやっと入れた。
渋谷文化村から神泉方面へ少し歩くと、日本家屋の鰻屋が現れる。都会の喧騒をよそに、ひっそりとたたずむ。「ここが渋谷?」と思わず見惚れる。

引き戸を開けると、女将さんが出迎えてくれる。靴を脱ぎ、旧家屋らしい急こう配の細い階段の先、4畳半の個室に通される。まるで小旅行だ。鰻の出来上がりには40分ほどかかるとのこと。その間は。鰻話の短編集を読みながらビール。鰻気分が高まる。この待ち時間が醍醐味だ。

さて、鰻登場。お味は。

トロっとフワッと、焼き加減、脂加減、タレの辛さ加減のバランスがばっちり。趣とおいしさの掛け合わせで、幸福度MAX。

渋谷にて小旅行の気分を味わえる上に、とてもおいしい鰻。
是非。

-----
★★★★☆ 名店!また行く!!        
閑:大人の空間

2018/07/11

恵比寿の共水うなぎ

松川渋谷・恵比寿・代官山

2017年の夏に同じ恵比寿近辺で移転したらしい。訪れたのは旧店舗。

恵比寿にて共水うなぎを食べさせてくれる店、松川。ガーデンプレイスからの坂道にあるカウンターとテーブルが少しのこじんまりとしたお店。清潔感がある。

共水鰻ながら、さっぱりとした味。せっかくだから脂の旨味をもっと出してくれてもいいのにな。

新しいお店にも足を運んでみようか。


-----
★★☆☆☆ まずまずのお店        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/10

近隣のおすすめスポット

恵比寿ビール 記念館

行きたいと思いながら、行けてない。ぜひ行く。
(行く前からおすすめスポット)

主いわく「浅蒸しの浜松風」

うなぎ 徳 渋谷店 渋谷・恵比寿・代官山

渋谷ヒカリエの鰻屋。ヒカリエをデパートと呼ぶかどうかは置いておき、デパートの中の鰻屋をあなどってはいけない。

デパートの中なので雰囲気に鰻屋っぽさは無いが、綺麗で清潔感があり、おいしい鰻屋は多い。現にこのお店も照明が明るくて清潔感があり、そしてきらびやか。どんな味がするか楽しみだ。

「うなぎ 徳」は浜松が本店で、全国に9店舗展開している。浜松というと関東風、関西風が入り混じる地だが、このお店は関東風、しかも「浅蒸しの浜松風」とホームページでは唄っている。名物はひつまぶし風の「お櫃うなぎ茶漬」が推しのようだが、まずは味を確かめたいので、鰻重を注文。

20分ほどで鰻登場。さてお味は。

鰻はやや小ぶりだが、表面がきちんと焼けていて、おいしい。デパートの鰻とはいえ、やはりあなどるなかれ。結構イケる。

場所柄もいいし、また来てみよう。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/09

関東鰻で3本指に入る鰻屋

いちのや 神泉店 渋谷・恵比寿・代官山

川越を本店として、神泉、西麻布にも展開する鰻屋「いちのや」。
いちのやは、白焼きをせずに生のまま蒸してから秘伝のたれをつけて焼く独特の製法で、ふんわりとした食感が特徴、大好きな鰻屋だ。

その中でも旧山手通りに面する神泉店が1番好きだ。関東鰻3本の指に入ると言ってもいい。

注文してから焼いてくれるので、待ち時間は40分ほど、一杯やりながら待つのに最高の待ち時間。

ここの鰻は、トロっトロに脂が乗ってとろけるような柔らかさ、口の中に広がるタレの味、お米1粒1粒のパラパラ感も抜群、まさに最高峰。
なお、鰻づくしのコースもあり、鰻ボーン、うざく、煮こごり、うまき、白焼き、うな重と贅沢なコースを楽しむのも格別。 22時まで営業しているのも重宝する。


[2018.10.20 再訪問]
お昼に訪問。初の個室。個室もいい。
しかしながら、ご飯の具合が悪い。温度が低くて、硬い。いちのやのご飯はもっと、口の中でパラパラとこぼれるはず。

そんな日もあるのか。



-----
★★★★★ 最高峰の味!!
楽:仲間でわいわい鰻

 

 

2018/05/08

近隣のおすすめスポット

鍋島松濤公園

あまり綺麗な公園とは言えないが(笑)、水辺がある公園で落ち着ける。散歩がてら立ち寄って休憩するには気持ちいい公園。