メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(築地・湾岸・お台場エリア)

お重からあふれ出る見事な”こぼれ鰻”

はいばら築地2号店築地・湾岸・お台場

シャチホコのような海老反り、いや鰻反り。お重の両端から尾っぽがはみ出す絶景。テンションが一気に上がる見事なお重。


築地から豊洲へ卸市場が移ったとはいえ、まだまだ築地場外市場は活気がある。あふれんばかりの人だかり。そんな中に「はいばら築地2号店」はある。1号店は路面店で、2号店が飲食のできるお店だ。通りからはガラス張りの焼き場がよく見える。

中に入ると大衆的なつくりでテーブルが並ぶ。外の喧騒とはうらはらに店内は落ち着いている。メニューはシンプルに鰻重(梅・竹・松)か、蒲焼・白焼きか。鰻重の松(4000円)を注文。竹と松は肝焼きが付いてくる。素晴らしい。
そして鰻を待ちましょう。期待が高まるひととき。

テーブルの上には山椒が。鰻屋としては珍しくミルで削るタイプだ。和歌山紀州の「ぶどう山椒」と言うらしい。これまた期待が高まる。

15分ほどで真打登場。
これが驚きの絶景。お重から両端ともはみ出している「こぼれ鰻」。当然ながら蓋は無い、乗せようがない。まわりのお客さんからも羨望の視線が集まる。さっそくミルで山椒挽き。いい香りがただよう。さあ、どこから食べればいいのだろうか。悩む。

真ん中から箸を入れる。贅沢だ。少し甘めながらもしっかりとした濃いめの味、山椒のピリリとあいからまって旨い。旨くてこのボリューム。

これはたまらん。


---
★★★★☆ 名店!また行く!!
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2019/03/10

近隣のおすすめスポット

築地場外市場

豊洲に卸市場が移ったとはいえ、活気は衰えず。食べ歩き・呑み歩きのできる街。

築地場外市場

ガスで焼く鰻もおいしい

丸静築地・湾岸・お台場

夏の終わりの残暑。鰻が食べたくなる。築地の路地裏でノスタルジックな雰囲気を出している鰻屋「丸静」。

人がやっとすれ違えるくらいの細い路地に古びた構え、暖簾とちょうちんに書かれた「うなぎ」という文字。ガラガラっと引き戸を開けると、白髪の大将がやさしげに迎えてくれる。店内はカウンター4席に、テーブル2卓のこじんまりとしたお店だ。

カウンターに腰を下ろして、鰻重を注文。調理場では大将1人が鰻を焼く。ここのお店はガス焼きだ。それほど待つことなく、鰻登場。

さて、お味は。

高温で短時間で焼いているので、パリパリと香ばしい鰻。よく焼けている。ガス焼きを非難する人もいるが、そんなに気になるものではない。ガス焼きは急加熱するからパリパリとしていいものだ。タレの味は庶民的なシンプルな味。飾り気、洒落気は無いが、素朴な深みがある。これは大将の人柄なのであろう。おいしい鰻だ。

細い路地裏に名店あり。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/11

近隣のおすすめスポット

勝鬨橋(かちどきばし)

 

昭和15年に万国博覧会のメインゲートとして計画され、昭和8年6月10日に工事を着手、資材が不足する中、7年をかけて昭和15年6月14日に完成とのこと。当時は、大型船舶の通航があったため、橋が持ち上がっていたそうな。

しかし、東京オリンピックが開催された昭和39年以降は、徐々にその回数も減り、昭和45年11月29日を最後に跳開されることはなくなったらしい。

うんちくはさておいて、 川沿いの散歩は心が落ち着く。

文豪が愛した歴史ある鰻屋

竹葉亭 木挽町本店築地・湾岸・お台場

関東鰻の重鎮、江戸末期より続く老舗竹葉亭の木挽町本店。
多くの文豪が愛したお店であり、中でも夏目漱石は『吾輩は猫である』の中で『時に伯父さんどうです。久し振りで東京の鰻でも食っちゃあ。竹葉でも奢りましょう。』としている。また、北大路魯山人が一流と評したお店でもある。

さすがに歴史あるお店だけあって、店構えからして品がある。旧家屋のたたずまいに、入口は座敷用とテーブル席用と別。このつくりは茅場町喜代川同様だが、古い江戸鰻屋スタイルなのだろうか。入る前からテンションがあがる。

お味は、醤油のきいたタレながらもアッサリ。そのバランスに品の良さがある。奥ゆかしい。
落ち着いたおいしい鰻だ。

なお、この伝統のある竹葉亭、少しややこしいのだが、木挽町が本店のお店グループと、のれん分けをした東京竹葉亭、大阪竹葉亭が多店舗展開をしている。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!
閑:大人の空間

2018/07/06

近隣のおすすめスポット

いわて銀河プラザ

サヴァ缶はいまいちだった。。。。岩手の名産は何でしょう?

宮川鰻の総本山は最高峰

つきじ宮川本廛築地・湾岸・お台場

東京屈指の名店、創業100年を超える歴史、東京の各地でみられる鰻屋宮川の総本山がここ築地の宮川本廛(ほんてん)だ。

入口は料亭のようにずっしりと石のようなたたずまいだが、店内は落ち着いた空間。
ここの鰻はうまい。 ふっくらとした身、脂のノリ、適度に焼けている表面、タレは少し辛めだがくど過ぎず、ご飯とのバランスもとれていて、東京最高峰の1つと言いたい。

是非一度ご賞味を。


-----
★★★★★ 最高峰の味!!
閑:大人の空間

2018/07/01

近隣のおすすめスポット

築地本願寺

築地本願寺親鸞聖人の教えを受け継ぐ歴史のあるお寺で京都市にある西本願寺の直轄寺院。現在の本堂は1934(昭和9)年に再建。寺院の中は教会のような雰囲気も感じられる。寺ではなく寺院の所以だろう。