メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記

関内の名店

わかな横浜市

明治5年創業の横浜の老舗。2階は食堂風のテーブル席、3階はお座敷とキャパはけっこうなもので100席くらい。 格式ばっている老舗ではなく、大衆向けな雰囲気の鰻屋だ。

鰻の待ち時間は15分ほど。

いい焼き具合で綺麗な焦げ色。味はさっぱりとした醤油系。雰囲気通りのお味。 昔からのファンも多い店のようだ。


-----
★★☆☆☆ まずまずのお店
楽:仲間でわいわい鰻

2018/05/06

近隣のおすすめスポット

横浜スタジアム

球場とは中に入らなくても、「おおっ」と思ってしまうものです。大きな球場ではありませんが、横浜の街らしく落ち着いた空間の中にある球場です。

デパートの中だからと言ってあなどれず

竹葉亭 横浜そごう店 横浜市

老舗竹葉亭のそごう出店。デパートの中といえでもあなどれず。本店に近い味わい。
あっさりとした品のよい鰻。

デパートなので敷居が低く、気軽に竹葉亭を味わえる。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/05/05

ひつまぶしといえばココ 熱田蓬莱軒

蓬来軒名古屋市

(名古屋編)
知名度は全国区。「ひつまぶし」は蓬莱軒の登録商標。熱田の本店と神宮横の新店、矢場町栄の松坂屋店がある。 子供のころから知っている味で、ここのひつまぶしの味に馴染んでいるため、東京でのひつまぶしには手が出せない。

思い入れの詰まったお店。 書きたいことはたくさんあるが、番外編ということで割愛。

名古屋へ訪問した際は是非お立ち寄りください。

-----
★★★★★ 最高峰の味!!
楽:仲間でわいわい鰻

 

2018/05/05

近隣のおすすめスポット

熱田神宮

言わずもがなの名古屋の名所。

江戸時代の鰻番付にも載る浅草の老舗

前川上野・浅草・日暮里

江戸の後期には、番付が流行っていた。

番付といえば相撲を思い浮かべるが、当時は何でも番付をつけて格付けをしたらしい。歌舞伎役者・落語家・講釈師といった芸能関係から、山・川・名所旧跡・温泉など。もちろん鰻屋番付もある。 ここ前川は、江戸の鰻番付にも載っている老舗だ。

入口をガラガラっと開けてお店に入ると広い玄関で気持ちよく女将がお出迎え。旅館の風情がある。 靴を脱いで2階へ上がり、襖を開けると、そこには隅田川が窓一面。アサヒビール本社まで見える。見晴らしがいい。

鰻の待ち時間は20分ほど。 やわらかく、しっかりとした味。江戸の時代からこの味なのだろうか。 いつか、ここで隅田川の花火を見ながら鰻を食したい。

-----
★★★☆☆ おいしいお店!
楽:仲間でわいわい鰻

2018/05/05