メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記

蒲焼は焼き魚の一種

魚政千住・綾瀬・葛飾

東京は四ツ木。都心からやや外れた地に魚政はある。「魚政以外にこの街は何があるのだろう?」と思わせるところだ。
坂東太郎を使用した鰻専門店。お店のつくりは街の鰻屋さんといえる普通の飲食店、むしろ町の食堂と言ってもよいくらいだ。

鰻が出てくるまで待ち時間があるので、ビールを一杯。肴は”鰻ボーン”こと骨せんべいと肝、それと、ごぼうの醤油漬け。肝は茹でているのだろうか、さっぱりとしていておいしい。醤油漬けは甘味の効いたうまみに頬が落ちそうになる。この待ち時間が鰻屋の醍醐味だ。至福の時間。

さてさて40分ほどで鰻登場。お味は。

「そういえば、鰻の蒲焼は焼き魚だった」。初めて意識させられた味覚。これまで鰻重を食べていて、鰻を焼き魚と感じたことはない。でも、蒲焼は焼き魚の一種なのだと、ここ魚政で初めて感じた。肉厚がしっかりしていて、ホックリとした白身で表面はよく焼けている。おもしろい。

これは好みが分かれるだろう。是非ご賞味を。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!        
創:個性的な輝き

2018/07/11

大衆的な老舗

うなぎ割烹 大江戸東京・日本橋

収まるところに収まる。そんな言葉が似合うのが、うなぎ割烹大江戸の「いかだ」だ。

創業は1800年頃(寛政年間)と老舗。店構えにも風格がある。老舗は心が引き締まる。しかしながらお店に入ると、「あれ?老舗?」と思ってしまう大衆的な大箱。ボックス席が一列に並ぶ。まさに地方を走る電車のボックス席。

とはいえ老舗、お店の方々は和装で気さく。老舗の貫禄というより、古くから愛されるお店であることがうかがえる。

ボックス席に通されて、「いかだ」を注文。

老舗なので焼き時間がかかるかと思いきや、10分ほどで鰻登場。「もっと時間かけてほしいな~」と思うが、愛される大衆感はこういうところにあるのだろう。運ばれた重箱をパカっ開けると、そこには大ぶりな鰻が所狭しと折りたたまれて立派な鰻重。なるほど、「いかだ」だ。収まるところに収まっている。しかしながら、屈葬という表現が思わず浮かぶ。

さて、お味は。

味もまさに大衆的。割烹、老舗という言葉からしていたイメージとはギャップが。。。
とはいえ、大衆的な老舗というのも興があっていい。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/11

近隣のおすすめスポット

日本橋ふくしま館

福島といえば日本酒。あとコケシかな。

まさに職人の技

のだや 上野・浅草・日暮里

メディアでも取り上げられることが多い「のだや」。それもそのはず、関東近郊の有名鰻料理店に職人を紹介している『野田屋東庖会』直営店で、関東鰻職人総本家の当主自らが料理長。つまり鰻職人の総本家。料理長は体調を崩していたようだが、無事に復帰とのこと。

このお店の良さは、職人気質でありながらも新たなメニューへの挑戦も続けていているところ。うな重と白焼きとセットにして食べ比べができたり、肝とうまきをお重に並べたり、ひつまぶしなどの違う食べ方も。鰻の種類もブランド鰻の共水うなぎや、独自のブランド鰻「わしょう」を用意したり、一品料理も豊富だったりと、攻めの姿勢が気持ちいい。

この日はお昼の早めに行ったつもりが、お店の前で1組がウェイティング。お客さん整備の店員さんが外にいるので、「どこの鰻屋がおいしいか?」と鰻談義をして入場待ち。そうこうしている間に入店。

店内はテーブル席が並び、綺麗で清潔。
初訪問なので注文はオーソドックスに鰻重を。

隣の席に目をやると、お爺さんが長焼きで日本酒をチビチビとやっている。このスタイルに憧れる。年を重ねたら、こういう楽しみをしたいものだ。まだまだ米と鰻を合わせてもらう若輩者、精進できれば。

待つこと30分ほど。さてお味は。

重箱を開けると綺麗な焼き色が広がっている。職人技だ。「串打ち3年、裂き8年、焼き一生」とはよく言ったものだ。まさにこの言葉を思い起こす焼き。タレは辛め、身のフワフワ感もほどよく、関東鰻の王道の極みがわかる。

見て楽しむこともできる鰻。これができるのは「野田岩」か「のだや」だ。名前も似ている。どちらも名店。


-----
★★★★☆ 名店!また行く!!        
粋:鰻の前にお酒を一杯

2018/07/11

近隣のおすすめスポット

入谷鬼子母神(真源寺)

入谷鬼子母神安産・子育ての神、鬼子母神。

その昔、鬼子母神は暴虐この上なく、近隣の幼児をとって食べるので、人々から恐れ憎まれていた。お釈迦さまが戒めた後、お釈迦様に帰依し、安産・子育の神となることを誓い、人々に尊崇されるようになったとされている。

ちなみに、鬼子母神は、ここ真源寺だけでなく、雑司が谷の法明寺鬼子母神堂、千葉県市川市の遠寿院(法華経寺塔頭)の鬼子母神が有名。 鬼子母神と言えば、京極夏彦の「姑獲鳥の夏」を思い起こす。その舞台は雑司ヶ谷。

関東風の域を超えた鰻

俺のうなぎ (【旧店名】銀座ときとう)銀座・新橋・有楽町

パリっと表面がよく焼かれていてうまい。関東風でありながら、その域を超えて関西風に近い鰻だ。店名が突っ張っている。返し言葉に「俺が食ってやるよ」と言いたくなる「俺のうなぎ」。

お店に入ると、言葉のヤンチャさとはうらはらに、落ち着いた品格と高級感、和装で丁寧に迎え入れてくれる。「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」でおなじみの俺の株式会社が運営母体となる「俺のうなぎ」は旧名「銀座ときとう」。そのため箸袋は今でも「ときとう」と書かれている。名前にインパクトがあるお店だけに、ここは変えて欲しかったが。

待つこと20分ほどで鰻登場。さてお味は。

見た目が綺麗な鰻重だ。焼き色にムラがない。そして口に入れると「関西風?」と思えるような強めの焼き具合。でも身はフワフワ。両方のいいとこどりだ。脂のノリも上品。タレも濃いめのしっかり味で、強めの焼き具合にベストマッチ。これはうまい。東西折衷の新感覚。

「いいじゃねえか、俺のうなぎ。」
こちらも粋がってみる。


-----
★★★★★ 最高峰の味!!        
創:個性的な輝き

2018/07/11

近隣のおすすめスポット

銀座木村家

古くからあるアンパンがとてもおいしい。 あんとクリームが入っているからコッテリではあるものの、甘すぎではないので、非甘党の方でも大丈夫。

渋谷で小旅行気分

大和田渋谷・恵比寿・代官山

過去に満員で入れなかったことが2回ある。この日はやっと入れた。
渋谷文化村から神泉方面へ少し歩くと、日本家屋の鰻屋が現れる。都会の喧騒をよそに、ひっそりとたたずむ。「ここが渋谷?」と思わず見惚れる。

引き戸を開けると、女将さんが出迎えてくれる。靴を脱ぎ、旧家屋らしい急こう配の細い階段の先、4畳半の個室に通される。まるで小旅行だ。鰻の出来上がりには40分ほどかかるとのこと。その間は。鰻話の短編集を読みながらビール。鰻気分が高まる。この待ち時間が醍醐味だ。

さて、鰻登場。お味は。

トロっとフワッと、焼き加減、脂加減、タレの辛さ加減のバランスがばっちり。趣とおいしさの掛け合わせで、幸福度MAX。

渋谷にて小旅行の気分を味わえる上に、とてもおいしい鰻。
是非。

-----
★★★★☆ 名店!また行く!!        
閑:大人の空間

2018/07/11

閉店が惜しまれる「黒焼き」の鰻屋

むさし野川崎市

(2016/11/4 再訪問)

(閉店)

店主さんは力士出身らしく、引退後に昭和初期にあった両国の相撲部屋「小野川部屋」を移築して同店を開業されたとのこと。

こちらのお店は黒焼きという特徴。 蒸さない生の状態から何度も裏返して焼く昔の調理方法。 その昔天明の大飢饉のころ、力士が品の巡業中に千曲川でうなぎを採り、そのまま焼いて食べたことでたいへん活力になったということが看板に記載されている。

こんがりとして、とてもおいしい鰻だったが、閉店となってしまい、とても残念。 鰻屋の閉店は悲しく寂しい。

2018/07/11

近隣のおすすめスポット

串屋 文福

武蔵小杉の飲み屋といえば、串焼きの文福でしょう。焼き物だけでなく、カレー味の煮込みも絶品。 サッポロ白穂乃果も取り扱う。白穂乃果は、酵母が生きたままのビールで、とてもきめ細やかでクリーミー。 これもいい。オリジナルの日本酒もある。

ガスで焼く鰻もおいしい

丸静築地・湾岸・お台場

夏の終わりの残暑。鰻が食べたくなる。築地の路地裏でノスタルジックな雰囲気を出している鰻屋「丸静」。

人がやっとすれ違えるくらいの細い路地に古びた構え、暖簾とちょうちんに書かれた「うなぎ」という文字。ガラガラっと引き戸を開けると、白髪の大将がやさしげに迎えてくれる。店内はカウンター4席に、テーブル2卓のこじんまりとしたお店だ。

カウンターに腰を下ろして、鰻重を注文。調理場では大将1人が鰻を焼く。ここのお店はガス焼きだ。それほど待つことなく、鰻登場。

さて、お味は。

高温で短時間で焼いているので、パリパリと香ばしい鰻。よく焼けている。ガス焼きを非難する人もいるが、そんなに気になるものではない。ガス焼きは急加熱するからパリパリとしていいものだ。タレの味は庶民的なシンプルな味。飾り気、洒落気は無いが、素朴な深みがある。これは大将の人柄なのであろう。おいしい鰻だ。

細い路地裏に名店あり。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/11

近隣のおすすめスポット

勝鬨橋(かちどきばし)

 

昭和15年に万国博覧会のメインゲートとして計画され、昭和8年6月10日に工事を着手、資材が不足する中、7年をかけて昭和15年6月14日に完成とのこと。当時は、大型船舶の通航があったため、橋が持ち上がっていたそうな。

しかし、東京オリンピックが開催された昭和39年以降は、徐々にその回数も減り、昭和45年11月29日を最後に跳開されることはなくなったらしい。

うんちくはさておいて、 川沿いの散歩は心が落ち着く。

最高級うなぎと称される「青うなぎ」

友栄小田原周辺

最高級うなぎと称される「青うなぎ」というがある。背中が深緑色で腹が白く、きれいな模様が有るという特徴を持つ鰻で、鰻の1割程度、その希少価値と美味しさから幻の鰻とも言われる。ここ友栄は、厳選した青うなぎを使用している珍しいお店だ。

場所は小田原、風祭駅から徒歩10分ほど。青うなぎを求めて各地から鰻好きが集まる。場所柄か、都会の喧騒から離れた道路沿いにあるので駐車場もあり、大きくて綺麗な店だ。30分ほど並んだ後、窓際のカウンターに通される。外を眺めながらゆったりとできるいい席だ。

暑い中、小田原の山中までやってきたのだ、肝焼きとビールで一服、鰻重の登場を待つことに。肝焼きがたまらなく食欲をそそる見た目。卵黄を絡める肝焼きはビールとの相性抜群。見た目どおりの美味しい味で、鰻重への期待も高まる。

15分ほどで鰻登場。さて、お味は。

肉付きがよくてふっくらぷりぷり。脂のノリといよりは、身持ちの良さを感じる。タレは甘め。ちょっと甘すぎか。この肉付きが青うなぎの良さなのだろうか、小田原まで来た甲斐があった。いい体験だ。

でも、辛めのタレに、パリパリに焼いた青うなぎを食べてみたい。関西風で食べてみたい。
そんな気になった小田原鰻旅。


-----
★★★★☆ 名店!また行く!!        
粋:鰻の前にお酒を一杯

2018/07/10

近隣のおすすめスポット

鈴廣かまぼこの里

練り物がいっぱい。定番のかまぼこはもちろんのこと、あげかまぼこ、小田原の干物もあり、酒の肴を収集するにはもってこいの場所。酒飲みのアミューズメント施設。

ダブルチーズバーガーだ

よね山目黒・白金・五反田

「これはやりすぎだろう」と笑みがこぼれる。ダブルチーズバーガーならず、ダブル鰻重と呼びたい。

通常料金の鰻重を頼んでいるのだが、出てきたのは鰻が重なって4枚乗りのお重。これだけ鰻が乗っていると、某チェーン店のような鰻かと思いきや、そうではなく、きちんと職人さんが調理した鰻だ。

満足いくまで鰻が食べられる。

人に教えなくない鰻屋だ。


-----
★★★★☆ 名店!また行く!!        
創:個性的な輝き
 

2018/07/10

近隣のおすすめスポット

TOC

TOCは東京卸売りセンターの頭文字。そのネーミング発想が飛んでいる。
雑多なものが安く手に入る。

恵比寿の共水うなぎ

松川渋谷・恵比寿・代官山

2017年の夏に同じ恵比寿近辺で移転したらしい。訪れたのは旧店舗。

恵比寿にて共水うなぎを食べさせてくれる店、松川。ガーデンプレイスからの坂道にあるカウンターとテーブルが少しのこじんまりとしたお店。清潔感がある。

共水鰻ながら、さっぱりとした味。せっかくだから脂の旨味をもっと出してくれてもいいのにな。

新しいお店にも足を運んでみようか。


-----
★★☆☆☆ まずまずのお店        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/10

近隣のおすすめスポット

恵比寿ビール 記念館

行きたいと思いながら、行けてない。ぜひ行く。
(行く前からおすすめスポット)