メインコンテンツに移動

大塚 うなぎ宮川

2020/02/02
共水うなぎに山葵をのせて
大塚・巣鴨・駒込・赤羽

共水うなぎにすりおろした山葵を乗せて食べる。鰻の脂を上品な山葵が落ち着けてくれる。ほっぺが落ちそう。

大塚から歩いて5分ほどのところに明治から続く老舗鰻屋がある。築地の宮川本廛から「宮川」の名前での暖簾分け第一号店で、現在の4代目店主まで代々家族経営らしい。

このお店の推しは、共水うなぎ。いわずとしれた静岡の焼津が誇るブランド鰻。少々値は張るが1匹分の共水うなぎのお重を注文(5800円也)。そして酒と肴の注文をしようとしたところ、「焼くのに時間がかかるから、先にお重だけ注文を通して来ますね。」と店員さんは奥へ。
鰻を待つのは楽しみでもあるのでまったく気にしないのだが、その心遣いが微笑ましい。

さて、メニューを見ると、「うなぎ西京焼き」「うなぎ一夜干し」と変わり肴がある。とても気になる、間違いなくこれだ。しかしながら、この2つは要予約。。。。
ヒレ焼きなら大丈夫とのことで、ヒレ焼きと辨天娘の生酛をお燗で。そして香の物を先に出してもらう。

辨天娘のお燗は琥珀色で芳醇な香り。見た目のとおりガッシリとした円熟な味わい。
ヒレ焼きは、ふっくらと巻き上げられてトロトロ、そしてヒレ独特のねっとり感。どちらも濃厚な味で絡み合う。鰻を待つ間の至福なひととき。

そして真打登場。
共水うなぎのお重。横には山葵。共水うなぎに合わせる静岡の山葵とのことで、目の前ですりおろしてくれる。ひつまぶしの薬味の要領らしいが、お重で山葵合わせは初めての体験。

鰻はやわらかい焼き具合で、脂のノリもいい。そこに山葵が付き添って。うまいな~。たまらん。

山葵が付くのは共水うなぎだけらしいのでご注意。


-----
★★★★☆ 名店!また行く!!
創:個性的な輝き

2020/02/01

近隣のおすすめスポット

大塚天祖神社

鎌倉時代から続いているらしい天照大神を祀った神社なのだが、参道が魚屋、八百屋、飲み屋といった庶民的な商店街。そのギャップが大塚らしくていい。おいしそうな魚が路面に並んでいる。

天祖神社参道の商店街