メインコンテンツに移動

人形町 梅田

2019/09/12
鰻と梅干し
東京・日本橋

趣のある飲食店がある人形町。鰻の銘店もいくつかあり、「梅田」もそのひとつだ。

2階建てのこじんまりとした入口を開けると女将さんが笑顔で「いらっしゃいませ」と迎えてくれる。カウンターでは職人さんがペコリとかるく会釈。気品がある。2階に通されてさっそく鰻を注文。

2階はテーブル席が6つほど。店内が見渡せる大きさ、この日は入りも少なく清閑だ。ゆっくりと鰻を待つ。すると鰻の焼き香りが1階から昇ってくる。ああ、至極の待ち時間。早く食べたい。と、25分ほどで鰻登場。

脂がだいぶ落とされてさっぱりとした鰻。タレは醤油味の強いしょっぱさ。少し物足りなさが。。。。
しかしながら、ここのお店は鰻重よりも「梅田丼」がある。ご飯の上に刻み海苔、梅干しのすり身、その上に出汁醤油でコンガリと焼いた鰻を乗せた丼。
梅干しの酸味と鰻の甘み、出汁醤油の塩気があいからまる中、カリっと焼いた鰻の食感がたまらない。

昔から、鰻と梅干しは「食い合わせ」として一緒に食べては消化不良を起こすとされてきた。しかし、これは言い伝えのようなもので根拠はなく、むしろ相性はいいらしい。つまり迷信だ。迷信になった由来としては、贅沢や過食をやめようという由縁。
確かに鰻の脂と梅干のさっぱりさでご飯は進むだろう。そこを逆手に取ったのがこの「梅田丼」だ。

やはり、このお店ではこれを食べるべきなのだろう。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!
創:個性的な輝き

2018/09/22

近隣のおすすめスポット

地球儀専門店

地球儀専門店子供のころから、大人になってからも地球儀には気品を感じる。子供が眺めるものに思うものの、書斎に置かれていて大人感を演出して欲しいもの。同じ類のものに百科事典があるが、それよりもロマンがある。子供心に地球の大きさを知るもの。
そんな地球儀が大きさ順に並んでいる。