メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(小田原周辺エリア)

最高級うなぎと称される「青うなぎ」

友栄小田原周辺

最高級うなぎと称される「青うなぎ」というがある。背中が深緑色で腹が白く、きれいな模様が有るという特徴を持つ鰻で、鰻の1割程度、その希少価値と美味しさから幻の鰻とも言われる。ここ友栄は、厳選した青うなぎを使用している珍しいお店だ。

場所は小田原、風祭駅から徒歩10分ほど。青うなぎを求めて各地から鰻好きが集まる。場所柄か、都会の喧騒から離れた道路沿いにあるので駐車場もあり、大きくて綺麗な店だ。30分ほど並んだ後、窓際のカウンターに通される。外を眺めながらゆったりとできるいい席だ。

暑い中、小田原の山中までやってきたのだ、肝焼きとビールで一服、鰻重の登場を待つことに。肝焼きがたまらなく食欲をそそる見た目。卵黄を絡める肝焼きはビールとの相性抜群。見た目どおりの美味しい味で、鰻重への期待も高まる。

15分ほどで鰻登場。さて、お味は。

肉付きがよくてふっくらぷりぷり。脂のノリといよりは、身持ちの良さを感じる。タレは甘め。ちょっと甘すぎか。この肉付きが青うなぎの良さなのだろうか、小田原まで来た甲斐があった。いい体験だ。

でも、辛めのタレに、パリパリに焼いた青うなぎを食べてみたい。関西風で食べてみたい。
そんな気になった小田原鰻旅。


-----
★★★★☆ 名店!また行く!!        
粋:鰻の前にお酒を一杯

2018/07/10

近隣のおすすめスポット

鈴廣かまぼこの里

練り物がいっぱい。定番のかまぼこはもちろんのこと、あげかまぼこ、小田原の干物もあり、酒の肴を収集するにはもってこいの場所。酒飲みのアミューズメント施設。