メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(大井・蒲田エリア)

菊正宗の冷やを堪能してからの鰻重

藍の家亭大井・蒲田

個室完備の鰻屋が蒲田にある。接待が多いのだろうか、通された個室には、「大田のお土産100選」「OMOTENASHI NIPPON」といった表彰状や盾が飾られている。蒲田っぽくない気はする。

土曜日の開店早々にお店に入る。個室に通されて「さて、お酒は」とメニューを見て、一番安い菊正宗を「冷や」で頼む。「冷や」というのは常温のことだ。最近では「冷や」を温度を下げた冷酒と捉えられることも多いが、本来「冷や」は温めた燗に対して常温のお酒を指し、冷蔵庫で冷やしたものは「冷酒」だ。昭和のお酒の代表格菊正宗は「冷酒」でなくて「冷や」がいい。鼻を近づけると「ザ・日本酒臭」がして、好き嫌いがわかれる酒だ。この匂いが昔は嫌いだったが、今では哀愁を感じる。他の地酒の半額というのがいい。泣ける。

このお店は串ものも多いようなのだが、お昼には扱わず、肴がまったくない。お通しの骨せんべいのみ。がっくり意気消沈だが、このお酒にはこれくらいがちょうどいいのかもしれない。昭和の日本酒を味わいながら鰻重を待つ。

20分ほどして鰻重の松(3300円)の登場。

甘辛さの強いタレ、鰻は丁寧に蒸されて柔らかく上品な旨さ。お吸い物はシイタケ。肝吸いは別注だったか。。。見落とした。しょうがない。
とはいえ上品なうな重だ。ゆえに菊正宗の冷やとはギャップが。

蒲田だからもう少しお酒を楽しみたかったところだが。今度は夜の味を楽しみに来よう。
とはいえ菊正宗の冷やが思いのほかによかった。

 

---
★★☆☆☆ まずまずのお店
閑:大人の空間

 

2019/04/26

「赤重(あかじゅう)」と名の付いた鰻重

寿々喜 大井・蒲田

このお店では上の鰻重に「赤重」という名前が付いてる。その由縁が気になりながら鰻屋探訪。「あかじゅう」と読むらしいのだが、なぜゆえに「赤重」?

今年の初鰻探訪は蒲田の寿々喜(すずき)。昭和20年ごろから蒲田にお店を構える銘店。1/5(土)の12時前にお店に到着するとすでに6人待ちの行列が。期待を膨らませて列に並ぶ。するとすぐさまに後ろにも行列が。新年早々から繁盛の人気店だ。

待つこと30分ほどで店内へ。1階はテーブル4席、小上がり4席、店内の貼り紙はセピア色、電話はピンク電話。年季の入った大衆居酒屋風で呑みながらのお客さんも多い。これは一杯やりながら待つしかない(笑)。ちなみに席は相席、左とん平似の先客は当然ながら一杯やっている。さあ、こちらも一杯やりますよ。

着席早々に注文。肝焼きをお願いすると、肝焼きは予約が必要とのこと。
(そうか、予約ができるのか。。。)
肝焼きは諦めて、すぐに出してもらえるという「板わさ」と「赤重(2590円)」を注文、そしてお重に付く香の物は、ビールと一緒に出してもらうようにお願いをする。

余談ではあるが、もともと香の物は鰻を焼いている間に一杯やる肴だったという話を聞いたことがある。だからこれが由緒ある鰻の待ち方だ。

板わさとお新香で至福の鰻待ち時間。お新香をたいらげると、お皿の底には店名と電話番号が。ここ電話番号を見てもどうしたらいいのか、、、、なぜここに電話番号?と思っていると鰻の登場。注文してから30分ほど。満を持してのほどよい待ち時間。

鰻がお重一面を埋め尽くし、やや焦げ目のついた焼き色が年季の入った大衆鰻屋の雰囲気を助長している。そしてその味も見た目通りの味。余分な脂は落とされて肉質の味を感じられ、ご飯の温度も申し分ない。うまい。

そして気になるなぜ「赤重」というのか?
お店を出る時に女将さんに尋ねると笑顔で回答をもらえた。

「重箱が赤いから」

2019/01/07

近隣のおすすめスポット

西六郷公園(タイヤ公園)
 

蒲田の街を散歩していると、気になる名前の川に遭遇。「呑川」。酒飲みの聖地?
ここはシン・ゴジラでゴジラが上陸した川のようだ。
呑川
 

 

 

 

 

そしてタイヤのゴジラを発見。

タイヤ公園

インスタ映えするうな丼

仙見大井・蒲田

インスタ映えとはこの鰻のことだ。

名物「はみ出し丼」はインスタ映えすること間違いなしの鰻。鰻の写真はどこのお店も変わり映えしない中で、これはインパクトある。お客さんもたいていの人は「はみだし丼」を頼むようだ。

殺風景な国道15号線沿いにたたずむ鰻屋。テーブルが3つとカウンターの小さなお店。調理場は1人が動くので精いっぱいの広さで、カウンターからすべてが見える。今風に言えばオープンキッチンと言えなくもない(笑)。

鰻を注文すると、すぐにサラダが出てくる。「鰻屋でサラダ?」と思わずにはいられないが、おとなしく鰻を待つと、10分ほどで鰻登場。

この見栄え。派手な登場。外国人プロレスラーを思い起こさせる。差し詰めスタン・ハンセンといったところか。

さて、お味は。

もっちりとした肉厚。ただ、締まりがない。タレは甘すぎてもたれる。
ご飯の量も多くてあまってしまう。
見た目に味が負けてる。

とはいえ、おいしくない鰻はいない。感謝していただく。

味よりも見た目。
時代の流れを汲んだ鰻屋だ。


-----
★☆☆☆☆ お勧めはできないお店        
創:個性的な輝き

2018/07/13