メインコンテンツに移動

鰻屋探訪記(東急沿線エリア)

L字カウンターでサッポロ赤星

川信東急沿線

L字カウンターの中で老夫婦が寡黙ながら仲睦まじく鰻を料理してくれる。

飾り程度の背もたれが付いたレザーのカウンターチェア、1時間ごとに時を告げる振り子の柱時計、首を振る扇風機、BGMはピアノのイージーリスニング。ビールはサッポロ赤星。まったりとした昭和の雰囲気が漂うお昼。

カウンターに座って鰻の上(3500円)とビールを注文、鰻を待つ。骨せんべい付きだ。これはいい。先客は1名で、静かなひととき。安らぐし落ち着く。

カウンターには、サザエさんの単行本17,24,59巻が置かれている。この3つに意味があるのだろうかと思いを巡らすも、わかるはずはなく。。。と、心地の良い静かな空間をでまったりと20分ほど。

さて、お味は。

昭和庶民風のこってりかと思いきや、やや甘めのタレに、お米のバラパラ感、温度、鰻のやわらかさ、上品な味だ。庶民的なお店で、高級料理にであった感覚。おいしい。

ここのお店はお昼にお手軽なランチ鰻丼をやっているようなので、手軽に本格鰻が味わえる。この努力には頭が下がる。
鰻文化を守り続けてほしい。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!
衆:気軽に立ち寄れる鰻
 

2018/09/22

商店街の中で四万十鰻が食べられる

浜田屋東急沿線

商店街の中とはいえ、あなどるなかれ。

日本一長い商店街とうたわれる武蔵小山の商店街。その中でも駅近くの場所に大正14年創業の浜田屋。店構えは庶民的な食事処。天丼や親子丼などの各種丼ものも取り扱っており、鰻屋としては邪道感がある。お世辞にも老舗感はない。しかし、鰻専門店ではないにしても、四万十鰻、坂東太郎のブランド鰻を提供している本格派のお店だ。四万十鰻は都内唯一らしい。(ちなみに、神奈川県ならば「しまむら」四万十鰻を提供している。)

店内は大きな楕円の円卓がひとつに、テーブル席が4つほどとカウンター。2階席もあるようだ。商店街の中だからか街の飲食店の雰囲気が強く、店員さんがテキパキシャキシャキとしてて鰻屋の雰囲気は感じずらい。それも場所柄か。

今日の目当ては四万十鰻。すぐに出来るとのことなのでお酒は無しで鰻を待つと、15分ほどで鰻登場。

さて、お味は。

一口食べると品のよい脂が口に広がる。うまい。これがブランド鰻の力か。タレはさっぱりめだが、アッサリはしすぎずバランスがいい。鰻を食して老舗の味わいをやっと感じられた。

「鰻専門店だったらもっと楽しめたのに」と思いながらも、鰻はお店の雰囲気だけじゃない。と教えてくれるお店なり。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/16

近隣のおすすめスポット

林試の森公園

林試の森公園巨大な木々が立ち並ぶスケールの大きい公園。水辺もありのどか。広場では球技をする子供たちや親子ずれも多い。木の陰で読書もいい。
ゆったりとしてのんびりできる公園。

老舗立ち飲み屋のような鰻屋

うなぎ花菱 東急沿線

狭い。でも鰻屋はこれでいい。

三軒茶屋の三角地帯、エコ-仲見世商店街に、両隣のお店に押しつぶされそうに立っている鰻屋。老舗立ち飲み屋のような風情。営業はお昼だけらしい。

狭い扉をガラガラっと開けると、「時間がかかるけれどいいですか?」っと女将さんの問い。「どれくらい?」「40分くらいです」と鰻屋としてはベストな待ち時間。もちろん待つ。

1階はカウンターが3席と焼き場。すでに年配の2名がいらしたので2階へ通される。畳の上に2卓。「誰もいなくて寂しいかもしれませんが、しばらくお待ちくださいね」と女将さん。温かい。狭いとはいえ、2階で1人は空間を持て余す。

1階から年配2人の常連さんと、不慣れな1名様との会話をBGMに、本を読みながら鰻待ち。下の階から香ばしい鰻の香りが上がってくる。そろそろか。

待つこと40分。ベストな待ち時間。さてお味は。

「焼き過ぎ?」表面が焦げているように見えるが。。。と思いながら一口。
やわらか~い鰻。タレは濃すぎず薄すぎずで鰻の味をよく感じられる。表面の焼き具合がしっかり強めで焦げ目がむしろ香ばしい。

都心の喧騒を忘れて2階で誰もいない中でひっそりと鰻を味わうのはたまらなくいい。真夏に来て団扇で仰ぎながら、ビールを呑みながら鰻を待ちたい。そんな気になる鰻屋だ。

是非ご賞味あれ。


-----
★★★★☆ 名店!また行く!!        
粋:鰻の前にお酒を一杯
 

2018/07/13

近隣のおすすめスポット

三角地帯

三角地帯綺麗で近代的な街の中で、取り残されたようにたたずむ三角地帯。夜は賑やかだろうが、お昼の散歩は閑散として据えた気持ちになる。それもいい。

自由が丘の地に根付いた鰻屋

八沢川(やざがわ)東急沿線

創業50数年、自由が丘に店を構えて30数年の地元に根付いた鰻屋。
食べログの評判が悪かったので、はたしてどんなものか、、と思いながらの訪問。(口コミサイトのレビューは意識しないものの、厳しいお言葉が並んでいるとちょっとは気になってしまう。いやはや。)

30数年とはいえ、お店はとても綺麗。お店へ入ると和服姿で迎えてくれる。1階はテーブル席。2階へ通されて座敷へあがる。広い座敷にテーブルがいくつかと並び、隣の席の声は聞こえないゆったりとした空間だ。店員さんも丁寧で感じよく、何も問題ない。

さっそく鰻を注文すると、ビールを呑みほす前、10分ほどで鰻の登場。思ったよりも早い。

さて、お味は。

さっぱりしていて、鰻の身は薄め。もうすこしふっくら感がほしいが、昔ながらの関東風鰻。いわゆる「うな重」だ。この広さ、和服姿、万人受けしそうなうな重なので法事に合うのではなかろうか。

鰻の法事ならばテンションは上がること間違いなし。


-----
★★☆☆☆ まずまずのお店        
楽:仲間でわいわい鰻

2018/07/13

隠れ名店が学芸大学駅にある

うな若東急沿線

(再訪問 2018/5/12)

鰻の高騰が続く中、うな若も値上げを決めた。この日はお店の入りも少ない。高騰の影響か、寂しく感じる。

この日は、鰻を待つ間に、肝焼きとひれ焼き。その前にお通し。なすの揚げ浸し。絶妙の甘さが口の中へ広がる。これだけで十分な気もしてくる。そんなことはないが、それくらいにうまい。

そして、肝焼き、ひれ焼き。日本酒とぴったりだ。

そんな待ち時間を経て、鰻登場。

さすがうな若、安定のお味。しっかりとした濃いめのタレに焼き加減も柔らかさも抜群。
少々ご飯がべったりとしていたかな、今回は。そんな日もあるさ。

とはいえ至福の時間。
 

----------------------------

(再訪問 2017/10/8)

あいかわらずおいしい。最高の鰻屋だ。

----------------------------

人に教えたくない鰻屋というのがある。ここ「うな若」がそうだ。

メディアにも出ていない、ネット上でも話題にならない。でも旨い。さらに、注文後に焼いてくれるので40分ほどの待ち時間。一献やりながら待つ至福。そんなお店が学芸大学駅近くにある。

学芸大学駅は活気のある商店街で飲食店も多く、都心居住地ならではの賑わいがある。この地には3軒の鰻屋があり、それ自体が驚きだ。

うな若は、ブランド鰻の共水うなぎを扱う。共水はもっとも好きな鰻だ。坂東太郎よりも身は細いが、脂ののりがいいと感じる。さらには、このお店は女将さんがあたたかくて、気遣いもいい。心地が良すぎるお店だ。

さてさて、鰻の待ち時間はお酒と肝焼きだ。至福の時間を過ごして鰻を待つ。鰻登場、さて、お味は。

脂のノリ方、フワっとした焼き加減、やや辛めの甘辛さでコッテリ気味。バランス最高。こんなにおいしい鰻屋がこれまで脚光を浴びずにいたことに驚かされる。

場所よし、共水うなぎよし、女将さんよし、待ち時間よし、職人の腕前よし。5拍子そろった名店だ。

-----
★★★★★ 最高峰の味!!        
粋:鰻の前にお酒を一杯
 

2018/07/13

近隣のおすすめスポット

碑文谷公園

東急線の電車からも見える線路沿いの池。不穏な事件もあったが、今は平和を取り戻し、親子連れで遊ぶ姿が多くなっている。晴れた日に水辺をプラッとするのが心地よい。

街に根付いた鰻屋

寿平東急沿線

祐天寺の駅前には穏やかな商店街がある。隣駅の学芸大学の商店街とは違い、落ち着いた地だ。寿平(としひら)は、そんな商店街に溶け込んでいる。

お店に入ると暑さをふっとばすようなひんやり感と薄暗さで、テーブル席は満員。奥の座敷へ通してもらう。座敷は4つほどのテーブルがあるが、1人で独占。

老夫婦が営んでいるようで、店内の雰囲気も穏やか。そんなのんびり感がお店全体を覆っていて温かい。早速うな重を注文して鰻を待つと、20分ほどで鰻登場。

さて、お味は。

醤油の味が強めの辛めのタレ。庶民的な鰻。人柄だろう、この鰻の味は。

街に根付いた鰻屋だ。


-----
★★☆☆☆ まずまずのお店        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/12

近隣のおすすめスポット

祐天寺

江戸時代からのお寺。駅名だけでなく祐天寺という名前のお寺。大正天皇の生母様のお墓もある立派なお寺なので、フラッと鰻ついでに。

 

ファミレス風の鰻屋

うなぎ 大黒屋 目黒八雲店 東急沿線

ファミレスのようなお店のつくり。店員さんも店内をこまめに動いてくれる。新鮮だ。でも鰻屋感は無い。ただ、飲食店としての好感は持てる。

土曜日のお昼時なのでお店は混んでいる。入口でウェイティング。とはいえ5分ほどで席に通されて、鰻重を注文。

ファミレス風なので15分以内に鰻が出てくるかと思いきや、そこは30分ほど待つ。そこは、鰻屋風なのか。GAPは感じる。

お味は。
肉厚のあるやわらかい鰻。味はスタンダードで特徴のわかりずらい鰻かな。雰囲気とGAPのせいで感覚が麻痺している可能性もあるかな。

不思議な鰻屋さんだ。



-----
★☆☆☆☆ お勧めはできないお店        
楽:仲間でわいわい鰻

2018/07/07

気軽に味わえる鰻

あさの東急沿線

ギャル風の女の子が一人で入ってきて鰻重を注文。注文するとすぐにスマホを出して眺めだす。

こんな画が見られるのが、街の鰻屋さんのいいところ。
都立大学駅から徒歩1分、目黒通りに面した「あさの」。店構えはうどん屋と言われても違和感はない。それほど庶民的な鰻屋だ。

ランチはうな丼を低価格で提供している。敷居を下げる秘訣はここにあるとみた。
とはいえ、ここはきちんと鰻重を注文。

さてお味は。

いいバランス。焼き具合もいい。タレはやや甘め。
気軽に楽しめる鰻だ。

これからも鰻の間口を広げ続けて欲しい。


-----
★★☆☆☆ まずまずのお店        
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/07/07

近隣のおすすめスポット

目黒区古民家

東京にもこのようなところが残っているとは。

田園調布の隠れ名店

平八東急沿線

飲食店の少ない田園調布。高級住宅街の街、そんな街に鰻の名店がある。「平八」。

1階は焼き鳥屋で、その脇の細い階段を上がるとこじんまりとしたお店がある。高級住宅街とはうってかわって庶民的なお店だ。鰻の香ばしい煙がなければ、居酒屋と間違えそうな店づくりだ。

テーブルが4つほどと小上がりは、すぐに満員になる。
鰻の待ち時間は40分ほど。注文をしてから焼いてくれるベストな鰻屋。
お酒、肴もあるので、一杯やりながら鰻待ち。

さて、お味は。

焼き加減よく、少し濃いめのコッテリ味。大好きな味だ。

あまり取り上げられることのないお店だが、実力のある名店だ。


-----
★★★★★ 最高峰の味!!    
粋:鰻の前にお酒を一杯

2018/07/07

近隣のおすすめスポット

駅の西側に広がる半円形の町割り

ブラタモリでも取り上げられていたが、計画的につくられた都市もいい。最初は高級住宅ということではなかったとのこと。

ぶらり散歩が似合う街。

学芸大学で2つある宮川の1つ

宮川 三谷町店東急沿線

学芸大学駅近くには、3軒も鰻屋がある。しかもそのうち2軒は宮川と言う。まぎらわしい(笑)。
宮川三谷町店は駅の北側、商店街の通り越しに焼き姿を覗くことができる大衆的な鰻屋だ。

お店へも入りやすい。 鰻の待ち時間は15分ほど。

焦げ目がつくほどに焼かれている。写真のとおり割れてしまうほど。「ちょっと雑?焼き過ぎ?」と思うも、食べてみればそんな思いとは裏腹に香ばしくておいしい。味は醤油がきいた辛め、がっつりと食べられそうだ。

体を動かしたあとにガツっと食うにはもってこいの鰻だ。


-----
★★★☆☆ おいしいお店!
衆:気軽に立ち寄れる鰻

2018/05/08

近隣のおすすめスポット

東京学芸大学附属高等学校

学芸大学という名前の駅ではあるが、学芸大学自体は1964年に小金井市へ移転していて、ここにはない。ちなみに隣駅の都立大学も、この地にはない。 でも、付属高校はここにある。見学するようなものではないが。。。豆知識として。